注意点

海外留学をする場合の注意点としては、日本人同士でできれば固まらないようにしましょう。


せっかく海外留学をしているのに、日本語を使って日本人同士で集まっていたのでは、海外留学をしている意味がありません。


海外留学をする目的は現地の人とのコミュニケーションや語学を身につけることですから、日本人の留学生が例えば他にいたとしても、固まっていたのでは身に付きません。


確かに留学中は日本語を使えませんし、英語やその土地の言葉だけで生活をすることになるので、とてもストレスに感じることもあると思います。


人によってはホームシックにかかる人も多いと言われていますが、それでも何のために海外留学をしているのか、その点を理解しなければ語学も身に付きません。


語学留学を成功させて留学をした目的を達成させるためには、日本人とは出来るだけ接しないようにして、日本語も使わないと決めて生活をすること、それが海外留学では大切です。


どれくらいの期間海外留学に行くのか、その人の目的によっても違っていると思いますが、長期で海外留学へ行くと、確かに、日本語が話せないことなどにストレスを感じてくるということもよくあるかもしれません。


しかし留学というのはそういうことです。


日本人ばかりで固まって行動していたのでは、語学は身につかないので、語学留学へ行った場合にはある程度の覚悟を持って、その土地に慣れる努力やその土地の言葉を使うことが大切です。

posted by 留学・観光 | Comment(0) | TrackBack(0) | 留学